(3) 格安SIM関連記事 ◆ au ◆ docomo ◆ SOFTBANK

2019年10月~改正 でも、大手キャリア3社で全然違う「2年契約の考え方」

更新日:


2019年10月1日から、2年間の契約を条件に基本料の割引をする「2年契約」の是正が義務化されました。各社プランを変更する中で、2年契約も変更をかけてきましたが、やはりというか…3社3様に考え方が異なってました。

 
 

ドコモの2年契約


 
ドコモは新しい2年契約を打ち出し、解除料は現状の9500円を改め1,000円に変更。そして2年契約を前提とした割引の額も1500円引きから170円引きに変更してきました。
 
現在2年契約を契約済みのユーザーは、解約料かからずに新プランへ移行可能。です。
ただし、注意すべき部分があります。
●今までの2年契約の契約期間は継続される
●今までの2年契約の満了までに、解約をすると現行と同じ解約料(9,500円~)がかかります
 
仮に、2018年10月~2020年10月までの2年契約中なら、新プランに変えると解約料は1000円のはずですが、この場合2020年10月までの間に解約した場合だけ9500円の解約料がかかるという事です。
解りずらいところです。
 
 
新プランへ変更することで解除料を軽減できるようにしたら、「他社へ流出の危険がある」と考えているのかもしれません。よって、既存ユーザーは新しいプランへの変更タイミングをうかがい適切な時期にプラン変更または解約をしないと、思わぬ解除料がかかることになります。
 
新しいプランができたからと、興味を持って調べるユーザーなんてほんの一握りなんですよ。新しいプランも2年契約も「知らない」というユーザーが大半だと思います。せっかく「2年縛り」が市場からなくなろうという時期に、気づかず更新月を逃してしまわないよう気をつけないとですね…。

解除料:9,500 → 1,000円
割引額:1,500 → 170円(1ヶ月あたり)

 
 

auの2年契約



auもdocomoと同じく、新しい2年契約を打ち出し、解除料は現状の9500円を改め1,000円に変更。そして2年契約を前提とした割引の額も1500円引きから170円引きに変更しています。ほとんど同じ内容です。
 
しかし、auは現在2年契約を契約済みのユーザーが新しいプランへ移行する場合、現行の(9,500円~)の解除料はかかりません
 
これは、不要な契約回線があって、解約したいが解約料がかかる…という状況のユーザーなら、新プランへ変更して解除料を1,000円に落としてから解約するという事が可能になりそうです。たぶん。

プラン受付すら9月は始まってなく、私も試せない(キャリアに確認してない)ので、やる前に客センに聞いてからやってください。(すみません…)

9月時点では、ショップ側もこの手法については詳細を確認する術がなく、「できます」という確定の話ができない状況です。
 

解除料:9,500 → 1,000円
割引額:1,500 → 170円(1ヶ月あたり)

 
 

ソフトバンクの2年契約


 
ソフトバンクは、もう2年契約そのものを無くしてきました。
新しいプランでは2年契約はありません。ライトユーザー向けにプランの値下げと、ヘビーユーザーに最大級のプランを用意し、家族での割引を大きくして、縛るより残させる方向に舵取りをしたようで今回(に限っては)好感度が高いです。
 
しかも、現在2年契約を契約済みのユーザーが新しいプランへ移行する場合、現行の(9,500円~)の解除料はかかりません
 

解除料:9,500 → なし
割引額:1,500 → なし
2年契約という概念を廃止しプランを値下げ

 
 

各社並べて比較してみると、流出の心配をしている会社なのかなぁ、総務省(ルール)にきっちり沿おうという意思の会社なのかなぁ、計算され尽くしている会社なのかなぁ、と、なんとなくですが見えてくるような気がします。

-(3) 格安SIM関連記事, ◆ au, ◆ docomo, ◆ SOFTBANK

Copyright© 携帯代節約作戦 格安SIM (BIGLOBEメイン) , 2021 All Rights Reserved.